本当に彼氏が欲しいの?

「結局はさあ、本当は彼氏欲しくないんでしょ」

27年間彼氏なしのカミングアウトはしていなかったころもですが、

しばらく彼氏はいないという話をすると、何度か言われたのがこのセリフです。

困ったことに、これを言われると「そんなことありません!」とはならずに

「う〜ん、、そうなのかなあ」となってしまうのです。

彼氏がいない、は楽しい

27年間彼氏なしということは、1人である程度のことは楽しめちゃうんですよね。

(元々の性格なのか、そうなったのかはわかりませんが)

カフェ、買い物、美術館、ラーメン、回転寿司、(まだ焼肉には1人で行ってないですが、、)自分一人だったら、その時好きなものを食べれるし、時間も自由に使えるし、休日だってのんびりできるし、ずっと寝てたっていい。

そもそも私は一人暮らしを始めた時に、その素晴らしさに感動してしまったので、自分の好きにお金と時間を使える生活にどっぷりはまってしまっていました。仕事帰りにちょっと寄り道して本を読んだりカフェでまったりしている時間がすごく好きなんですよね。

ですので「本当に彼氏欲しいの?」と聞かれると「もちろん欲しいけど、正直今の生活も楽しい」というのが本音でもあったと思います。

「今まで彼氏がいたことがない」というのも欲しいかわからない原因の一つだったと思います。彼氏がいる良さはわからないですからね💦

なぜ彼氏が欲しいと思ったのか?

 
そんな1人行動が割と好きな私がなぜ彼氏が欲しいと思ったのか、ですが
 
もちろん理由はたくさんあります。自分の年齢を考えて、結婚や子供のことを意識した、というのもかなり大きいのですが、、、
 
 

1人でお出かけをした時、美味しいものを食べた時に
 
 
「一緒にこの美味しさを味わう人がいたらいいなあ」と思いました。
 
もちろん一人で食べても美味しいのですが、一緒に「美味しい」と言ってくれる人がいたら
いいなあと思いました。
 
一度思ったらその思いは膨らんでいき、綺麗なものを見た時、映画を見た時
「この綺麗なものを一緒に見たいなあ、このラストについて話したいなあ」
そんな思いが増えていきました。
 

よく、独身生活を満喫してから結婚したいという考えを聞きますが、それも大切なのだなあと
思います。一人の時間を十分に楽しんでいると、自分にとってどういうことが幸せで豊かなのかがわかるようになった気がします。
 
ですので、もし今彼氏が欲しいかわからないなあ、と思っている方には、まずは自分にとってどんなことが楽しいのかを存分に味わって欲しいと思います。
 

 
 

彼氏ができてよかったこと

 
最後に、彼氏ができてよかったことです。
 
ベタですが一番はイベントを一緒に過ごす人がいるということです。
 

今まで、クリスマスが来るたび、何度その日を普通の平日だと思い込もうとしたか 笑
 
それが、クリスマスだけじゃなく、自分の誕生日をお祝いしてもらったり、相手の誕生日のプレゼントを買いに行ったり、おそらく他の人にとってのフツーのことが今まで全くなかっただけに嬉しかったです✨
 

週末お互いの家に遊びに行ったり、土曜日の夜は一緒に夜更かししたり。仕事帰りに待ち合わせしてご飯を食べに行ったり。旅行の計画を立てたり、ドライブに行ったり、、、。
 

一人でもどこにでも行けますが、二人で行くとまた違った楽しさがあります。
 
 
もし、「彼氏がいたらいいかも」って思うことがあったらぜひ一歩
踏み出してみてくださいね。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする